本文へスキップ

株式会社才能開発は試験の採点・添削指導で頑張る人をサポートします 

TEL. 045-316-4884

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10-5F

INFORMATION

添削指導業務案内

◆ 業務委託形式です 
                  
◆ 高校生対象の作文・小論文の添削をお願いいたします
業務内容
高校生の書いた文章の添削をご自宅にて行っていただきます。

添削方法に関するマニュアルやテーマごとの指針をお渡しいたします。

担当者が疑問点に関する「質問受け付け」を行っております。

初期研修にて具体的な添削の進め方をお教えいたします。1~2回ご来社いただき、詳しい説明を受けていただきます。研修費等の費用は一切掛かりません。

答案の種類は多岐にわたります。大学受験用の模試、公務員志望者対象、就職試験対策模試、AO入試用等の自己PR・自己推薦文などがあります。300字から600字程度の文章量で、難易度初級もしくは中級レベルをお願いいたします。
報酬について

完全出来高制(答案単価×枚数)

業務委託の形態を取り仕事を依頼します。よって、源泉徴収なども行ないません。

報酬のお支払いは翌月末にご本人の口座にお振り込みさせていただきます。

登録料や資料代金、研修その他のあらゆる場面において、皆様から料金を徴収することはありません。

単価は難易度と答案文字数によっても変動します。文字数が多いものは高額になります。

受け渡しについて
答案管理の安全性を高めるため、直接の受け渡しを基本としております。納品と次の答案をお渡しするために、週1回当社にお越しいただきます。

受け渡し時に答案状況の確認、添削内容のチェックを行います。答案枚数、汚損破損の有無、添削モレなどの点検をいたします。

受け渡しに掛かる時間は通常10分程度ですが、トラブル等が見つかりましたら多少のお時間を頂く場合がございます。

受け渡しに支障が無い範囲で、お子様をお連れいただいても構いません。

不測の事態が起きた時などは、宅急便もしくは代理人による受け渡し対応もございます。 ご自分で判断なさらず、必ず指示を受けてください。
備考
添削枚数にノルマはございませんが、お仕事をお受けいただくにあたって、一定の 基本枚数設定がございます。

学校内一斉実施の模擬試験答案は「1クラス分」を最小単位としてお渡しします。  多くの場合、30~40枚で1クラス分です。お仕事のペースは1週間に「1クラス分のみ希望される方」、「2クラス分」を指導可能な方、または「1クラス分プラス少人数クラス分」を希望される方など、皆様それぞれがその時のご自分のペースでお仕事をなさっています。

年に数回、繁忙期がございます。また、答案の少ない時期もなるべく平等に分配できるようにしています。何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

募集要項

添削者募集対象
短大卒以上 60歳まで 文章に関心をお持ちで責任感の強い方 経験不問       大学院生等、学生不可
応募方法
web媒体にて応募、またはお電話にて「採用説明会」出席日時をご予約ください
採用説明会 開催日
募集の日程    
5月29日(水曜日)  午前9:30~11:30 県民センター305号室  
5月29日(水曜日)  午後12:30~14:30 県民センター305号室  
5月30日(木曜日)  午前9:30~11:30 県民センター302号室   
5月30日(木曜日)  午後12:30~14:30  県民センター302号室 
                                      
採用説明会場所
人数の都合により横浜駅近辺の貸会議室,もしくは当社内を使います ご予約時にご確認ください
今回は「かながわ県民センター」にておこないます 

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

(横浜駅から徒歩5分) 場所のご案内が必要な方はお電話ください。 
ご予約電話番号
045-316-4884 (受付時間:月曜~金曜 10時~5時)





当社在籍添削指導者の声をご紹介します





 添削の経験は全くありませんでした。

何を書けばいいのかもわからないまま応募したことをおぼえています。研修会でポイントを教えていただき、最初は練習から始めました。不安もありましたが、指導する内容がわかってからは、自信を持って臨めるようになってきました。疑問点はすぐ丁寧に教えてくださいますし、今では楽しく赤ペンを進めることができています。

 最初はペースがあがらず、1枚の添削するのに時間が掛かりましたが

研修を受けて、最初のころの答案のことは今でも覚えていますね。いざ答案に自分で朱筆を入れるのって勇気がいるんです。1枚1枚、時間をかけてじっくり悩んでしまう。そうやって取り組むうちに自信をなくして…。アドバイスを求めたら「分かります、皆さん最初は同じです、コツというか考え方を覚えるとペースがあがります」と。なるほどそこを乗り越えたら、見るべき個所と入れるべき朱筆がすぐわかるようになりました。ペースが上がるとモチベーションもアップします。

 控除内で調整しています

子どもに手がかからなくなったので、空いた時間を利用したくてこのお仕事を始めました。才能開発さんはこのお仕事を横浜で25年とかやってらっしゃるので、安心して応募登録しました。今は週に80枚ぐらいやっています。繁忙期はもっと大量に答案を預かっています。自分はやれるだけ沢山やりたいのですが、家の事情で主人に控除額内におさめるよう言われています。添削のお仕事は女性がほとんどだと思うので、控除額内を気を付けてらっしゃる方、多いですよね。

 気が付けば才能開発との付き合いも都合18年です。

私は、結婚後すぐにこのお仕事を始めたのです。ところが4年後に主人の転勤で残念ながら続けることを断念。2年ほどで横浜に戻ったので再度登録をしました。が、その後また5年ほどで転勤になり(苦笑)2年前横浜に戻ってまいりましたので…今は、3度目の才能開発登録添削員です。

 わたしは小さな子どもがおりますので…。

外で働きたいという気持ちもあるのですが、自由がききません。子どもの成長とともに、実は「パートなら」と少し勤めたこともあったのです。でも、急な発熱で仕事に行けなくなったり、職場の人に迷惑をかけてしまうのがつらかったりという経験をしました。この仕事は時間の制約がなくて、家でできるのがいいです。子どもにも目が届きますしね。受け渡しで横浜に出る時は子どもを連れて行きます。育児中のわたしには、とてもありがたいです。

 以前、高校で国語の教師をしていました。

文章の仕事なら自信がありましたので気軽に応募したのですが、「添削」は少し勝手が違うのだなと気が付きました。広く国語を教えるのとは異なり、あくまでも生徒さんが書いた「作文を直してあげる」教育なのです。押し付けるのでもなく、教え諭すのでもない。ある「制約」の中での作業は、つまり「その範囲」に特化した技術で十分に通用するのでした。添削は「技術」だと思いました。だからコツがあるのだと思います。


 高校生の生きた言葉に接することが出来、楽しく働かせてもらっています。

小論文のテーマは何種類もあります。時事的なものなどでは、こちらが「なるほど」と考えさせられたりもします。大げさかもしれませんが、社会とつながっている実感が、私には大きい手応えです。空いた時間でしか添削できない状況がありますが、別にノルマもないのでこの先も無理をせず、少しずつでも続けていきたいと思います。

 在宅での作業が好きです。

私は人見知りで接客業などは不得手です。いろいろな在宅の仕事を探して経験しましたが、登録料が必要だったり、何か講座を買って資格とってからの仕事だったり。ほとんど仕事を回してもらえなかったり、などと、なかなか見合う仕事に出会えませんでした。そんな時、募集広告を見てこちらの会社の説明会に出席しました。25年以上添削専門の会社を続けていること、確立したシステムに安心感があります。納品の時チェックをしてくれる人も、言い方が厳しいと私はへこんでしまって続かないと思うのですが、こちらの方々は自分でも添削の仕事をしている方ばかりらしいので、丁寧で親切です。毎日の通勤が無いので往復の時間的ロスもなく、そこも良いと思います。

 私にできるのかしら…? 最初は無理だと思いました。

添削指導といえば「知的なお仕事」というイメージじゃないですか? 息子の友達の親御さんがしていると聞いていて、興味はあったのですが、自分には無理だと思っていました。私は仕事ののみこみが早いほうではなく、優秀なかたのようには枚数をこなしたり多分できていないと思います。研修で教えていただいたことを模擬添削で練習して何度も見ていただきました。丁寧に添削しています。余談ですがこの仕事を始めてから、息子に「勉強しなさい」と一切言わなくなりました。私が机に向かっていると息子も自然に勉強に取り組むようです。この仕事は、生徒さんの顔は見えませが、私は文字を通して応援しています。誰かの役に立っていることが嬉しいです。諦めずに2回目の応募をして採用されてよかったです。

バナースペース

株式会社才能開発

〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10-5F

TEL 045-316-4884
FAX 045-314-8556
営業時間 平日10:00~17:00
     土曜・日曜・祝日休み